ディープ・ブルー

制作年数7年という長い期間で作られたドキュメンタリー映画。
とにかくすごかった。


やっと見る事が出来ました。
もうほんとすげぇ!としか言えない映像ばかり。
NHKのドキュメンタリーとか結構みてる方ですがそれでもこんなシーンは見た事がない!っていうくらい迫力ある映像でした。
ちょっと残念だったのはこれを映画館で見なかった事かな・・・
これだけのものなら映画館でみてこそ!って感じがします。
うちのテレビちっちゃいからかなり半減したもんです。
でもサラウンド効果はばっちり!波の音、そして音楽幻想的でした~
前半よりも中盤から後半に掛けては結構みたこともないものばかりでかなりの興奮。
鮫の狩りのシーンやクラゲの大群、そしてシャチの狩り。
中でも深海を撮ったシーンは口が開きっぱなしだよってくらい感激と驚きがあった。
こんなに海って神秘的だった?こんなにリアルなものってないなぁなんて思いながら見ていたらあっというまに1時間30分経ってしまってあーもっとみたい!と思ってしまいました~
本当に海の映像だけなのではっきりと好き、キライは分かれる映画だと思うんですけど、好きな人には本当にたまらない映像なのでぜひ見て欲しい。
レンタルでみたんだけどこれはDVDかっちゃおうかな?と思いましたねー
特にセルでは特典ディスクも付いているみたいだし、買っても損は絶対ないな。って確信がある!
弱肉強食のはっきりした世界だから少し残酷と思えるシーンもありますけど思っているほど長くは続かないので全然大丈夫です!私はドキュメンタリーでペンギンの赤ちゃんが飢えたり、寒さで死んでしまうシーンが長く続くと見ていられないんですが、この映画はそこまできつくないので誰でも見られる事でしょう。
というかみごとに命の連鎖があるからみてても納得というか・・・
最後のシーンでシロナガスクジラが現れますが、そこでのコメントはこの映画で伝えたかった言葉が流れます。
よく聞く台詞だけど、1時間半あんな映像を見た後、最後のコメントはすごく重く心に響きました。
色んな意味でこの映画は子供から大人まで見て欲しい映画だなぁと思いました。
陸地の生物とかのドキュメンタリーも感動しますけど、私たちが見ていないのにすぐそばにある不思議な海の中ってのは本当に始めて見たって気がしてこりゃまるで宇宙を初めてみた人類になった気分でしたよw
ぜひ、一度見てみてくださいね!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください