ザ・ストーリー・ゴーズ・・・

久しぶりのクレイグ・ディビッドの新しいアルバムです。
この人はデビューからすっごい好きで大好きなアーティストの一人なんですが、
今回はまた今までと違った曲が多くてなんというか完成型に仕上がっています。
全体を通して落ち着いた雰囲気があって、今までのダンス・ポップというかバラードの多い”聞かせる”曲が多いですね。
私はファーストアルバムが一番好きなので今回は落ち着きすぎててちょっと今の季節には早いかな?と言う気がします。
初めてこのアルバムを聴く人はすべてはずれなし、イイ曲ばかりだなぁと思えるでしょう。それだけ上手くまとまったアルバムだと思います。本当にいい曲ばかりです。
私が気に入ったのは9曲目。そしてシングルカットされてる1曲目かな・・・どちらもノリのイイ曲なので今の季節、気分にぴったりなので何度も聞いてます。
ファースト、セカンドのアルバムで格好いいリズムの曲が好きな人はちょっと物足りないかもしれませんねーこれ冬にリリースされてたらすっごいぴったりなんですが・・・
私はやっぱりファーストが一番だなぁなんて思ってます。ただ初めてクレイグ・ディビッドを聞く人にはとてもおすすめ。このアルバムが気に入ったら前作を聞いてみるのもいいと思いますよw
ボーン・トゥ・ドゥ・イット

↑ファースト・アルバム
スリッカー・ザン・ユア・アヴェレイジ

↑セカンドアルバム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください