時は1939年、ニューヨーク万国博覧会の年?。
驚くべきニュースが報じられる。著名な科学者が、ミステリアスな失踪を遂げてしまったのだ。カメラ片手に第一線へと飛び出し、スクープをものにする敏腕新聞記者ポリー・パーキンスは、この“科学者連続失踪事件”の調査に独自で乗りだしていた。
そんな彼女の目に信じられない光景が飛び込んでくる。世界中の大都市に奇妙な巨大ロボット軍団が飛来し、人間を襲い始めたのだ。逃げ惑う人々を尻目に、ロボットたちは車を踏み倒し、ビルを押しつぶしていく!彼女にも危機が迫る。そして完全にパニックに陥った街に、警報が響き渡った。「緊急指令、緊急指令! スカイキャプテン出動せよ!!」
待ちに待った作品が公開されました!
去年の夏くらいから予告をみてかなり楽しみにしていたんですが、一向に公開の話がないのであの映画公開延期にでもなったのか!?なんて不安になってたところで・・・(笑)
かなりおもしろかったです。みながらニヤニヤしてしまうのを止められない・・・フフフ


まったく期待を裏切らない映画でした。
なんというか映像はもちろん内容も配役もすごい!
ぴったりでしたね、結構あの時代を表現しようとおもっても似合わない配役もあるのに・・・
始めジョリーはちょっと似合わないかな?とか思っていましたけど、
そんなこと心配するだけ損でしたね!本当に格好良かったし似合っていました。
とにかく最初から最後まで”お決まり”なストーリーで描かれてました。
ここはこうこないと!ここで登場!とかね、
だからあるいみ安心して見ることの出来るストーリー(日本で例えると水戸黄門みたいな(笑))
子供が見れば憧れられるスカイキャプテン、
女の人が見るとポリーのような、もしくはフランキーのような女性になりたい。
そして男の人がみると思わず少年に戻ってしまってみているのではないでしょうか?
実際見終わって懐かしいな、と感じた方もいるみたいですね!
完全な過去のストーリーでもなく未来でもなくあくまでも空想上のお話。
空想上の映画なんだからこれでいいじゃないか!って思ってみるとかなり楽しい。
なのであれはちょっと、とか今時そんなロボットないでしょうとか考えちゃうなら
最初から見ない方が良いかも・・・
予告をみて面白そうと思ったらおすすめって書いてる方がいましたけど、
まったくそのとおりかも。あーいう世界観を受け止められるか否かは分かれるでしょうねー
どちらかというと20代よりも上の世代の方にウケがいいはず。
この映画を撮った監督と近い年齢の人はなおさらでしょうねー
サンダーバードとか好きな方とか(笑)
しかしこの映画監督のお兄さんも美術監督として関わってますよね、
第二のコーエン兄弟になったりして(笑)
たしかにいままでにない映像でおもしろかったけど、一発目がこれだと次回作がどうなるのかいまからハラハラ・・・wもちろん期待して待ってますけど☆
さて、ジュード・ロウ主演てことで見に行った人も多いでしょうが、
今回演技がどうってよりキャラが強くてそのままスカイキャプテンだったので・・・(笑)
ガタカのような深みのあるキャラとはちょっと違いましたねー
このジュードはどっちかってとA.I.のジョーに近いでしょう。
どちらも好きですがジュードの迫真の演技が好きな私はちょっと違うかな。
今回はジュードが格好いいんじゃなくて、スカイキャプテンがかっこよかったって事で(笑)
グウィネス・パルトロウ、あの時代のファッションというか馴染むなぁ~(笑)
気の強い所もいい。ザ・ロイヤル・テネンバウムズで見て以来だったけど
こっちのキャラの方がグウィネスには似合ってたかも!
スカイキャプテンとポリーの絡みのシーンで一番好きなのは
「ほんとにしたの?」
「君を裏切ったことはないよ」
「細工したわ」
「三ヶ月」
ここですね(爆)笑っちゃった一応ネタバレしないように台詞削ってみましたけど
見た人ならピンとくるはず。
もちろん両者とも実力派だから文句なし演技でしたよ☆
ちょっと戦闘機乗ってるときのあたふた度がウソっぽかったのが・・・まぁCGばかりの映画なのでしかたないんだけど・・・これだけCG使ってるとロード・オブ・ザ・リングやリディックでの巨大セットって実は重要なんだなーとか思っちゃいました。
演技が自然か不自然かすごい違い。まぁこの映画の場合昔のパニック映画のように大げさだからアリだけどw
そしてジョリー!
今回スカイキャプテンみてみなさんジョリー格好いいって言ってる人多いですねー!!(笑)
まさかここまでとは・・・私は初めから最後までジョリー!ジョリーとか心で叫びながら見てたのでどんな登場でもインパクト大だったんだけど、みんなジョリーのインパクトはすごかったと言っているので私だけの錯覚ではないようです(爆)
出番がすくなくて残念だけどあまりに格好良すぎて満足してしまったw
昨日友達が「ニヤニヤしてみちゃうんだよね」とか言っていた意味がすごい分かりました。
私の場合終始ニヤニヤしまくり。
とにかくいいです!
ベタな内容がなんだ!これはSFというより冒険活劇でしょう!CG使ってもいいじゃん!
と胸張って見に行きましょう(笑)
絶対映画館で見るべき、DVDもいいけどあの迫力は映画館で。
ジョリーのアップが見られる特典付き(爆)

4 thoughts on “スカイキャプテン・アンド・ザ・ワールド・オブ・トゥモロー”

  1. TBありがとうございましたm(_ _)m
    いろんな意味で、会話の楽しさを味わえますよね(笑) ?
    何度も言うのですが、アンジーの唇はセクシーです!

  2. cyazさま
    本当に平井堅といい繋がりがありましたね(笑)
    私もびっくりしましたよw
    ジョリー唇!いいですよね!
    セクシーすぎます、今回あまりに似合ってたので登場した瞬間
    映画館で声あげそうになりました<ほんとですよ~(笑)

  3. はじめまして。
    楽天のほうへ、トラックバックありがとうございます。
    ほんとうに、あのふたりの絡み・・台詞・・が、
    気が利いていておもしろかったですね。
    気付くと、ニヤついていました。

  4. Toshikotyanさん
    コメントありがとうございます!
    ニヤついちゃいましたか!(笑)
    一緒ですね、なんかこう、馬鹿笑いする感じではないんですよね、
    コメディとはまた違う笑いで、
    この映画の良さは台詞が良かったことってのもありますよね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください