グッバイ、レーニン!
ここは、ベルリンの壁崩壊前の東ドイツ。アレックスは、家族を残し一人西ドイツへ亡命した父親のせいで必要以上に社会主義に執着する母親と姉とともに暮らしていた。母は優秀な社会主義者として表彰され、地域の人々に奉仕することを生きがいとしていたが、歴史は変わりつつあった。そんなある日、アレックスは反社会主義デモに参加して捕らえられた。そんな彼を見た母親は、ショックで心臓発作を起こしてしまう。奇跡的に蘇生した彼女だが、次に心臓発作を起こしたら命の保証はないと医師に言われていた。しかし彼女が眠っていた8ヶ月の間にベルリンの壁は崩壊。ドイツは劇的に変化する。このことを知ったら母の心臓は持つまい。そこで今はベルリンの壁崩壊以前の東ドイツなのだと母に信じ込ませるため、アレックスの奮闘が始まる。


なにかといい評判を聞いていた映画だったのでみてみました。
思っていたよりコメディでしたね(笑)
アレックスが必死に隠そうとしている場面では結構笑えました。
物語全編は歴史ドキュメントをみているかのようなストーリー構成だったので、
映画を見ていると言うより、その当時の東ドイツの様子が詳しく知られてかなり勉強になりました。
ほんと、今で言う北朝鮮みたいな場所だったんですね、東ドイツって。
ベルリン崩壊した当初騒がれていましたが私はまだ子供でイマイチベルリンの壁崩壊がすごい出来事だったのかという実感がなかったんですが、
この映画をみてかなり納得がいきましたし、崩壊後の東ドイツの人々の動揺や驚き。
そして感動には結構私までぐっと来ちゃいました。
それに紙幣交換期間や、物品の変化などこの映画をみて初めて知ったし。
本当に前半は勉強になるストーリーでした~
ただちょっと前半が長く本当にドキュメンタリータッチなのでここでだるくなってしまう人もいるかも・・・一緒に見ていたお兄ちゃんとお姉ちゃんは見事に寝てました(笑)
物語がおもしろくなってくるのはアレックスのお母さんが疑問を持ち始めてくらいかな?
かなり後半ですがそこからは結構はらはらドキドキで見入ってしまう。
そして最後はちょっとありがちかな~とか思いますがじーんとくる最後でした。
こんなラストの映画、あったような気がしますが実際あのときこんな家族がいたら?
と思うと感慨深いものがありますね。
コメディタッチで描かれるアレックスの奮闘は見ていておもしろいし、
お母さんのためという家族愛にはじーんとして結構いい映画だったと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください