54da26c8.jpgゴッサム・シティの大富豪の御曹司として、幸せな少年時代をおくっていたブルース・ウェインの人生は、目の前で両親が殺されて以来、一変した。悲劇の発端を招いてしまった罪悪感、抑えがたい犯人への復讐心、父から受け継いだ善行への使命。さまざまな葛藤を抱え、ブルースは世界を放浪する旅に出る。ヒマラヤの奥地で“影の同盟”を名乗るデュカードという人物に出会ったブルースは、彼に師事して心身を鍛錬。数年ぶりにゴッサムに戻ると、自らのすべてを賭け、悪と闘うことを決意する。闇の番人、バットマン誕生の瞬間だった…。


クリスチャン・ベール、バットマンにぴったりじゃないか!!!
バットマンビギンズ最高におもしろかったです。
前半はあんまりな世界観で少し笑ってしまったけど後半は昔のバットマンそのままなのでかなり観ていてニヤニヤしてしまいましたw
ゴッサムシティーなんて本当に懐かしい雰囲気!!
ちょっとスパイダーマンの世界とも似てますね。あの町の中心を走る列車とかね。
スパイダーマンが昼のヒーローならバットマンは夜のヒーローですからね。
今までのイメージが壊れ無くってすごくよかった。
ただストーリーはイマイチかな?ちょっと昔のストーリーと違わないかな?
確か両親を殺したのはジョーカーじゃなかったですかね?私の記憶があってれば・・・(汗)
まぁどうしてもバットマンがどうやってバットマンになったのかという成り立ちのお話なので前半はホントにながーく感じる人もいるかもしれないけどバットマンを初めてみたっていう人にはかなり入り込みやすいんじゃないかな?
でも前半が長く感じでも後半のおもしろさに比べたら比較出来ないほどおもしろいよ!
確かにあの列車のシーンはどうしてもあの事件を思い起こしてしまうかもしれませんね、悪い時期だったんでしょうねぇ・・・
でもストーリーはしっかりとジョーカーに繋がっているのでラストは思わずニヤリとしてしまいました。
クリスチャン・ベールはすでにバットマンを3作分契約しているそうなので続編はどのあたりに入る話か分かりませんけど思っていた以上に似合っていたので次にも期待してますw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください