ba2553fd.jpg
あっはっは!ついに見に行ってきちゃったよ!!!
ふたつの世界に引き裂かれたエルリック兄弟は、それぞれ再会を願って手段を探し求めていた。エドが飛ばされてしまった先は、西暦1923年・・・動乱の予感をはらんだミュンヘン。得意の錬金術を封じられたエドは、弟の面影をもつアルフォンス・ハイデリヒの力を借りて、科学技術の粋・ロケット工学の力で故郷へ帰ろうと試みていた。だが、なかなか手がかりは得られず、エドは焦燥をつのらせる。
そんなエドの前に、意外なかたちで道が開かれた。それは理想郷“シャンバラ”を求める者たちの暗躍であった。ひたむきな兄弟の願いは、ふたたび世界を揺るがす未曾有の大事件と交わろうとしている。エルリック兄弟は、この新たな局面に対してどのように立ち向かうのか? 二人の掌が打ち鳴らされるとき、新たなる真実が錬成される!


なんとか一緒に見に行ってくれる人を見つけたので行ってきましたよ~!!
えー完全にアニメの続きなのでアニメ知らないとおもしろさは30%くらいですね、ハイ(笑)
めちゃめちゃ気になる終わり方だったのでかなりよかった。
アニメで描かれなかった部分がすべて映画で完結しているのでかなり満足でした。
劇場版なだけあって内容は非常に濃いものでしたね。
というかこれはお子様はみちゃやばいんじゃないでしょうか?
だってちょっとグロイ・・・気持ち悪くはないけどえーそんな残酷なぁ・・・っていうシーンは多い。
だって舞台があのヒトラーの時代ですから。そう、内容が濃い=暗い、重い。
兄弟からするとハッピーエンドですが、そのハッピーエンドの代償がなかなか重たかった。
でも最後までとってもおもしろかったですよ~
ちょっと小難しい話も多くってちゃんときいとかないと時代の流れがわかんなくなりそうだったんですが、まぁそれは私の学がないからってことでしょうね(笑)
しっかしここまで作り混んであるアニメを見るとアニメってすごいなぁなんて思ったりする。
劇場版はアニメの2割り増しですごいのでやはり映画館でみといてよかったなーって思いましたよ!みなかったらきっと後悔してたなー
結末があーなるのはかなり意外だったけどよかったって感じですね、もっと悲惨な結果を予想してただけあって見終わった後はすっきり。
アニメのキャラも総動員で出てきたのでアニメのキャラが好きな人にはたまらない映画ですよね、もう見られないと思っていたキャラも出てくる事だし(笑)
見終わってなんだかますますこれってエヴァと被りますねー
子供向けじゃなくって大人向けのアニメ、そして映画で完結。内容は重たい、ほんとそっくり。
まぁエヴァほど不可解な所がないだけいいんだけどね。
これから漫画の方がどう進んで行くのか分かりませんけどアニメがあれだけいいとプレッシャーですね(笑)そういや漫画のエヴァってどうなったんだっけ?(爆)
そういえば意外というかあたりまえというか・・・
見に来ていた人達がみんな20~30代の人達ばっかりだっていうのには驚きましたね!
子供も居たけど、帰りに見たら子供寝てたよ!!(笑)
そりゃあヒトラーが発起するとかなんとかいわれてもわかんねーしつまんねーだろうなとは思ったけどお母さんとお父さんの方が真剣にみているのは笑えた(^_^)
・・・あーあとアニメを見ていないのに付き合ってくれた友達に多大の感謝を捧げます(笑)
「おもしろかったけどほんとアニメみてないとわかんない事だらけだね・・・」
そんな寛大な意見を言ってくれた君は偉い!本当に今度アニメ貸してあげないとね・・・(泣)
見ながら何度も「この人もアニメで出てくる人なの?」とか「ホムンクルスって何?」「?コレは現代なの?元の世界なの?」とかその他諸々!!
ええ、ええ、簡単に説明しか出来なくてごめんなさい!!
映画の最中に聞かれたって今回は許す!答えますとも!!!
・・・いやーほんと悪かった(>_<) 勝手な自己満足に付き合ってくれるなんていいやつだなーほんと。 と、言うわけで、やっぱりこの映画はアニメ見た人と見に行く事をおすすめします。 漫画読んだ事ある人と行ってもだめですぜ、アニメ全話見た人じゃないとね・・・

4 thoughts on “鋼の錬金術師 シャンバラを征く者”

  1. えーまじで!?一緒に行ってくれたの?(笑)
    期待してそっちに行くわよ(爆)
    てか最近会ってないねー元気かね?

  2. 元気にも程があるわ!!
    ごめん、めっさ嘘ついた
    最近はダークフォースだか言う
    ややこしいのにやられてのう
    けほけほ

  3. あーついに落ちちゃったか・・・
    じゃあちょっくら私はどっかに身をひそめて時期を伺わねば・・・!!(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください