こちらも今日ホムペにUPする予定だった感想(笑)
これはもしかしたら書きかけだったような・・・
旅行から帰ってきたらちゃんと更新します!

Harry Potter and the Prisoner of Azkaban (Original Motion Picture Soundtrack)


私は原作を読んでいるのでやはり省きすぎだなって思う箇所は多々ありました。
でもハリーポッターの映画って、あの原作を視覚的に楽しめるっていう目的で私は見ているので、たのしんで見ることが出来ました~
今回から監督が変わったので、今までとかなり雰囲気が違います。
結構内容も重たく暗い物になってますので、今までのハリーポッターが好きな人からすると違うなって思うかもしれません。
今までのファンタジー物から陰のあるファンタジーものに。
3作目はどうしてもハリーの両親の過去、ヴォルデモートの存在とかちらちら出始めるのでどうしたって内容は暗くなると思います。
それに今回から出てくるキャラは陰と陽で言えば陰のキャラクターばかり。
みんながそれぞれ暗い物を抱えているので映画ですべてを表すなんて到底むり。
なので今回は一番原作をけずりまくった映画作品だと思いました。
でもそれでも原作を見てない人にもわかりやすくなってたみたいです、
原作を読んでない友達はあれはあれで分かったらしいので(笑)
映像なんかも今回が一番私は好きかなカメラの撮り方とかかなり私好みです(笑)
それに特殊効果も結構レベルが上がってたと思いますよ(笑)
1,2作目の不死鳥のフォークスとか今の時代にそのぎこちない動きの人形ってありえないとか思っていた私ですけど(笑)
今回の特殊効果、オオカミやら犬とか(笑)そういったものがかなりリアルに出来てました。
2作目の不死鳥を見たときにこのままヒッポグリフが出てきたら見たくないかもなんて思いましたが、ヒッポグリフかなり上手く出来てました!
これには感動。
本を読んである程度想像できても実際目にするのは違う物で感動もひとしお。
この映画と原作は上手い具合にお互いを補ってますよね。
自分の好きなシーンが映画化されてなかったりすると悲しい物がありますけど(笑)
でも本当に評価されてるほど出来が悪いとは思いませんでしたよ(爆)
新しくキャストに加わった人達が本当にイイ!
個人的に好みの方が多くって素敵でした。
ゲイリー・オールドマンはもとよりエマ・トンプソン、~~~~など実力派の俳優さんが加わったので映画としてもかなりよかったと思います。
今回そのおかげか(?)どうしても目立ったのはハリー役のダニエル・ラドクリフ君の下手な演技っぷり(笑)
決して悪いとはいいませんけど、泣くシーンはもう、なんていうかひどかったです(泣)すこしも悲しそうじゃないし・・・
周りに演技派がやってくるとそういうところにどうしても目がいってしまいます。
しかしダニエル君はかなりハリーのイメージに合ってるのでぜひこれからもがんばってほしいんだけどなー
そうそう、レギュラー陣の変貌ぶりもすごかった!
みんな大人になっちゃって・・・(笑)
マルフォイと双子は変わりすぎってくらい変わってましたね(笑)
子供の成長は早いよ・・・マルフォイ役の子はどうやら背が急激に伸びたので
父親役の~~~の背を超えてしまったそう(笑)
今回出る幕なくてよかったですね<ルシウス そんな出演者の変化を見るのもおもしろかったです☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください