ファンタスティック・フォー―超能力ユニット

科学者のリード・リチャーズは、人間の進化に影響する宇宙嵐を調査する資金集めに奔走している。学生時代からリードのライバルだったバン・ドゥームは、研究を自分の功績に出来ると企み、リードに資金提供することに。リードは、相棒ベン、元恋人の科学者スーと、その弟ジョニーと宇宙へ旅立つが、予想より早く訪れた宇宙嵐に巻き込まれ、全員がその放射線をあびてしまう。地球に戻った彼らは、やがて不思議な力を発揮し始める…。


いやーおっもしろかったー!!!
なんていうか、私はずっとすごすぎる共演陣に感激しまくり(笑)
海外ドラマ見てない人と行ったのでみんな初めて見る顔ばっかりだったらしいんですが、わたしが見てる回がドラマの主役ばっかりですからね!もう感動ですよ~
アメリカの人とかもすげーと思ったはず!特に久々のジェシカ・アルバはキレイになっててよかった~☆
ダーク・エンジェルの頃の方が恋愛も上手くいっててかなり輝いてましたけど、
一皮むけたって感じでとってもよかったですよ~
この映画はどうやら続編を作る気満々のようで、今回はみんながなぜ超能力を持つようになったのか、そしてその超能力をどうやって使うのかっていうプロモーションの様な感じでしたね。
なので敵との対決とかは最後の方に結構あっけなく進んでました。
1時間半はプロモーションでしたけど、結構おもしろかった。
特に火だるまボーイ(笑)はかなり笑える事ばっかり言ってたので彼のおかげでコメディみたいになってた。
おかげでかなり笑える所もあってよかったかもw
彼が一番ヒーローに近いキャラだったなー他のメンバーが真剣に取り組んでるときに一人つっこみ役がいると場が明るくなってイイですねー
アメコミってヒーローに影があるのが常だと思ってたけど、コレに関しちゃそこまでダークな部分がないので子供も安心して見れますねー。
アクションがすっごーいっていう所は一部分でしたけど、きっと2くらいではアクションメインのすごいことになるんじゃないでしょうか!かなり期待してます。
音楽もよかったし、映像もなかなかグッド!
ほんと何にも考えずにみれるので2時間はあっという間でした。
というか次作でまたあれだけのメンバーをそろえる事が出来るんだろうか・・・っていう不安の方が大きかったり・・・だってNIP/TUCKとかザ・シールドとかってまだ向こうでもやってるんじゃないのかな?
ドラマと映画の掛け持ちって大変そう・・・みんな主役だしさ。
にしても今回のヒットは火だるまボーイの彼ですよ。名前忘れちゃったけど一人有名じゃないからどうかな?と思ってたけど彼はいいかんんじで目立つのでこれからどんどん有名になりそうですね。
楽しみ楽しみ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください