バタフライ・エフェクト

幼い頃から度々記憶を失っていたエヴァンは、治療のため日記をつけ始める。13歳の頃、エヴァンは幼なじみのケイリーたちと悪戯をして大事故をひき起こすが、その瞬間も彼の記憶は空白だった。やがてエヴァンは引っ越すことになり、虐待傾向のある父と乱暴な兄トミーと暮らすケイリーに、「迎えにくる」と伝え残す。時が経ち、大学生となったエヴァンは、記憶を失うこともなくなっていた。しかし、昔の日記を見つけた時から、エヴァンの意識に変化が起きる。


これはねー・・・なんだかすごい。
しっかり見てないと混乱する。最初見始めて「??」だったことが徐々に分かっていくんだけど
とにかく展開が読めなくておもしろい!!
そして最後こう来るかーって感じ。
ラストでまたオアシスの曲がぐっとくるんだよねぇ!!!!バッドエンドかというとそうでもなくてぐっとエンドかと思うとそうでもないような気がするし・・・
残酷なシーンがちょっと多いのでうえーって思う所も何度かあったけどストーリーがおもしろかったので○!!
とにかく先が読めないストーリーだったなぁ・・・
といっても起こった出来事をやり直して行くんだから予想出来なくても仕方がないんだけど(笑)
とにかく不幸な出来事が何度も何度も起こるので見ていてこっちがいらいらしたりとか、
みてるこっちの方がこうなって欲しくないー!とか思ってもう一回だもう一回!とか思わず願ってしまった(笑)
DVDにはもう二つのエンディングを収録していて、お涙ちょうだいエンディングとストーカー編(爆)
があったんだけどこれはまぁどちらもよくないのでほんと映画の終わり方で良かったと思う。
なんつーかこれをみてるとメメントを思い出すよね、かなり似通ってる気がする。
メメント+ドニーダーコ=バタフライ・エフェクトだと思うとすんなり納得できるかな?
まぁこの映画はとっても私好みだったのは確かです(笑)
嫌いな人は嫌いだろう・・・不幸な出来事多いしね、最後がハッピーエンドでも途中でやめちゃいたくなる人もいるんじゃないだろうか?
でも最後まで!さいごまでがんばってみると(?)いいですよ!
ほんと最後は納得できる終わり方だったから満足できるはず。というかあのオアシスの曲なんだっけかー!
新しいアルバムの曲だったっけなぁ・・・とてもエンディングに似合った曲でしたよw
この映画もなかなかおすすめ。
しかし1時間50分が何度も繰り返される過去によって普段より長く感じたのは私だけ?
なんか長く感じたんだよねー
しかし落ち着いたらもう一回はみたいなw

One thought on “バタフライ・エフェクト”

  1. 検索で貴記事を発見!拝読させて頂きました。
    こんなダメダメ男が、なんでもっと不幸にならんのだ、と腹の底から怒りが湧いた私は、やっぱり少数派なのでしょうか?(笑)
    ということで、是非、私の記事、TBさせてくらさい。
    (ブログの趣旨にそぐわないと判断された場合には、遠慮無く削除して下さいませ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください