スクール・オブ・ロック
劇場公開されているときよく人からおすすめされていたこの作品。
やっと見ることが出来ました。
★★★☆☆


たしかに面白かった!
なにが面白いってデューイの演奏っぷりですかね(笑)
最初のライブで地面に激突シーンはかなり導入シーンとしてはよかったと思います。
ストーリーはほんとよくある話で、
今回そのストーリーがロックになった。みたいな感じでした。
私もロックは好きだけど、Led Zeppelinとか聞かないのでこの曲知ってる!
と思っても、キタキタ~って感じまではしなかったかな(笑)
しかし何がイイって主人公のロックの愛しっぷり。
もうほんとうにそれしかない、それ以外に何もない!ってところが今までと違ってすっきりしていて見ていて気持ちがよかった。
子供達もよかったし、とくにマネージャー役のサミー(サニー?)がかなりいいキャラしてました。
演奏は大人顔負けで、さすがにあのデューイも霞み気味(笑)
ただロックのシーン=デューイのシーンが多い。
ワンマンステージな映画とも言えなくもないかも(笑)
本人が楽しくてたまらない、最近こんな映画も多いですね。
監督が撮って楽しい映画。これもそんな感じかな?
もうちょっと子供達の家庭内での様子や校長の感情面を出すシーンがあってもよかったかも!?
あ、そんなことしてたら本当に天使にラブ・ソングを・・・と同じになっちゃうか(爆)
作品自体がロックなんでしょうね、これって。
作中の音楽もよかったです。ザックだったっけ?彼が作った曲は本当によかった。
エンドロールまで楽しめる作品なので飽きずに最後まで見られたし☆
所々笑えるシーンもアリで誰でも見やすい映画だと思うな。
私的にはジョーン・キューザック演じる校長が本当にいい演技してたとおもいます。
保護者に責め立てられて階段隅に寄っていく姿とか、可愛い一面もあったりで、
一番感情豊かな女性だったかな。デューイがひたすらハイなので、校長が出てくるとちょっとほっとしました(笑)
ここでちょっと恥ずかしいネタを一つ。
実は、私オープニングでジョン・キューザックの名前が合ったときにはまじでびっくりしたんです!
出演してたんだ!と思って。
それも最初にでてくるから思わずあの主人公って太ったジョン・キューザックだった?とか間抜けなこと考えちゃったし(笑)
とおもいきやジョン・キューザックなんかじゃありません!ジョーン・キューザックだよ!!(爆)ああああはずかしい(笑)最後までジョン・キューザックを探してた私は何なの!?
紛らわしい!John Cusackがジョン・キューザック、Joan Cusackが今回の校長役、ジョーン・キューザックでした~!!!これで一つ賢くなりました(笑)

One thought on “スクール・オブ・ロック”

  1. トラバありがとうございます。
    はてなのほうでも運営しておりますので、そちらにもいらしてくださいね。
    キューザック姉さんはアダムスファミリーやらにもでていますよ~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください